ワンランク上の体型に!スタイルアップのための効果的方法、大紹介

今度こそ理想のスタイルにする!百倍役立つジム活用法

ジムを使った肉体改造の極意とは?

筋トレは、酸素を十分に使わず脂肪も燃やさない無酸素運動なので、トレーニング後は体が酸素をほしがります。
そのときにランニングなどの有酸素運動を行えば、酸素を十分に使い効率よく脂肪を燃やせるから、筋トレ→有酸素運動の順番がよいのです。
もっと詳しく言えば、無酸素運動後には成長ホルモンが出て、これが酸素と出会って脂肪を効果的に燃やしてくれるので、有酸素運動は脂肪延焼のいい機会になります。

筋トレに関しては、以前は高負荷のトレーニングがよいと言われてました。
しかしこれはアスリート向き。
やりすぎるとケガの原因にもなりますから、一般の人にはあまりおススメできません。
痩せたい人や、ゆっくり筋肉をつけたいという人には、あくまで低負荷から始めるのがよいでしょう。
ただし同じトレーニングを続けていると、それ以上筋肉がつかないということもあります。
自分ができる、と思ったら負荷を少しずつ上げていくのが望ましいです。

目標心拍数を設定し、効果的な有酸素運動を

有酸素運動も、ジョギングやウォーキングなどを自分に合ったペースで行うのがよいでしょう。
有酸素運動とは長(中)時間かけ、体内に酸素を取り込み脂肪を燃やす運動です。

ジムにはランニングマシンがありますから、それをもとに自分に合った心拍数を目標値に設定して行いましょう。
目標値は以下のとおりです。
目標心拍数=最大心拍数(220ー年齢)×0.6

心拍数をあなどってはいけません。
この目標値を超えて運動すると、体内の活性酸素が向上して逆効果になるばかりか、負傷の原因にもなりかねません。
目標値を守ることが大切です。

このように目標を決め、規則的にジムに通いながら、筋トレと有酸素運動を行っていけば、いきなり効果は出ないものの、数週間後には効果が出始めるはずなのです。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ